青汁と美肌の関係

青汁

青汁の持つ効果に美肌効果もあることをご存知ですか?明日葉を原料に使う青汁は多いですが、明日葉の持つ成分のひとつにポリフェノールがあります。ポリフェノールにはどのような効能があるかというと、抗酸化作用と抗菌作用です。

抗酸化作用というのは細胞の老化を予防してくれる働きを持っています。活性酸素が活発になるのを抑えてくれるからです。抗酸化作用を持つポリフェノールはお肌のたるみや乾燥肌対策に有効だと言えるでしょう。また抗菌作用はストレスや睡眠不足で生まれるお肌トラブルやニキビ予防に役立ちます。スキンケア化粧品にもポリフェノール配合の物は多いですよね。
青汁のおすすめ人気ランキング

このように元々美肌対策に効果を持つ青汁ですが、美肌効果をより発揮させるための青汁も注目されています。ジェルの形状をした青汁となり、コラーゲン、コエンザイムQ10、プラセンタ、ヒアルロン酸、セラミドという、美容における五つの大きな要素を満たした青汁なのです。美肌にはこの5つの要素がとても大切だと言われています。

コラーゲンは高い保湿効果を持っているため、お肌の乾燥を防ぎ、皮脂バランスが崩れない役目を担っています。多くのスキンケア商品にコラーゲンが配合されているのは周知のことです。ポリフェノールと同様に、高酸化作用を持っている成分がコエンザイムQ10となります。コエンザイムQ10は細胞の若さを維持してくれるアンチエイジング効果が期待で来ます。
http://www.e-taneya.com/

そしてプラセンタですが、こちらはいわゆる「美白の女王」と呼ばれる成分でもあります。牛の胎盤などから取り出された栄養素となり、化粧品や健康食品に使われることが多いです。プラセンタ成長因子効果によって、お肌を白く輝く肌へと導いてくれるでしょう。

更にプラセンタは胎児の臓器に重要な成長因子を持っていることでも有名です。摂取することで細胞は活動的になり、胎児の個体形成サポートを行う作用がありますので、成長因子がアンチエイジングへと結びつくわけです。

保湿効果とメラニンを大概に押し出す効果を持つのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は紫外線などで生まれたメラニン色素を外に排出し、美しいお肌を取り戻すために役立ってくれます。 お肌の水分を維持し、ぷるんとしたお肌にしてくれるのがセラミドです。外的ダメージからお肌をガードする効果も持っています。お肌の保湿のために、セラミドはとても大切な成分なのです。

美肌に有効な成分というのは年を重ねるごとにどんどん減ってしまいますので、積極的に取り込むことが必要となります。美肌に特化した青汁を飲み、お肌に良い成分をしっかりと摂取していってください。

青汁はいつ飲むの?

私たちの健康に、嬉しい効果をもたらしてくれる青汁ですが、きちんと効果を出すために、出来れば一番良いタイミングで飲みたいですよね。では一体一日の中で、いつ頃に飲むのがベストなのでしょうか。

答えから先にいってしまうと、普通に効果を感じたいのであれば、青汁をこの時間このタイミングで飲まなければいけない、ということはないようです。好きな時に摂取することで、体に健康をもたらしてくれるのが青汁の手軽で良い点といえます。

ですが中にはそうではない青汁も存在し、商品によっては摂取量や摂取回数が決められているケースもあります。その際はその青汁の説明に書かれている指示通りに飲んでください。例えば青汁のサプリメントもその例のひとつです。錠剤タイプなどの青汁サプリメントは、一日の摂取回数が指示されています。

殆どの商品が一日の中で、3回から5回ほど飲むように書いてありますが、薬のように食前、食後、と言った指示までは書いてないのが普通でしょう。そうなると、仕事や家事で忙しい人などは飲むのを忘れてしまうこともあるようです。うっかり飲み忘れを無くすためにも、食事をとったら飲むなどのルールを決めて、忘れないように飲んでいきましょう。

青汁はどんな時に摂取してもOKなのが魅力ですが、更に効果を引き出すためには朝、もしくは寝る前に青汁を摂取するのがおすすめです。青汁に何を望むかによっても違いはありますが、体質改善を進めたい、便秘改善を目指したい、美肌対策を行いたいと言った場合は、朝か夜に青汁を摂取するのが向いています。

食生活や体質の見直しを行いたいためには、起きてすぐに青汁を飲んでみてください。起きてすぐに飲むことによって、生活習慣が安定しますし、体に必要な栄養を補給することが可能です。

青汁を朝飲むことによって、健やかな体作りを行うことができます。便秘改善の場合にも、朝か夜に青汁を摂取してください。夜に飲むことで腸内バランスを良くし、朝の便通に繋げることができるでしょう。

では夜に飲む目的はと言うと、美肌対策など、美容の観点から見た場合です。夜睡眠前に青汁を摂取することによって、青汁内の成分が体の中にしっかりと吸収され、睡眠時に出されるホルモンのサポートを受け、朝までにお肌の組織が変わっていきます。続けることによって美しいお肌が期待できるでしょう。

青汁を飲む時間帯は、対策したい出来事によって変わって来ますが、飲むタイミングはなるべく同じ時間帯がおすすめです。時間を決めてしまうことで生活リズムが安定しますので、良い生活習慣となって取り込まれていきます。生活習慣となってしまえば、飲み忘れもなくなりますよね。

青汁は1回飲んだだけでは効果はありません。続けていくことによって有効となりますので、忘れずに毎日続けて行きましょう。

青汁でダイエットをする方法

青汁を飲むメリットのひとつにダイエット効果があるとよく耳にしますが、それは本当のことなのでしょうか。

先に答えを言ってしまうと、ダイエットに対して青汁は有効です。その理由は、青汁を摂取することで便秘改善が期待でき、栄養の偏りも良い方向に導かれるからだと言えます。便秘が改善され、お通じが良くなることで、体の中の不要なものがしっかりと排出されますので、体重も減少しスマートな体つきになれます。

とはいえダイエットを青汁で行うことは、すぐに効き目が出る方法ではありません。 続けることによってダイエット効果を感じることができる方法です。青汁を飲み続けることで便秘改善が出来、お通じが良くなることで新陳代謝の良い体作りへと繋がります。このことこそが、ダイエット成功へと導かれる一連の流れだと言えるでしょう。

ですから短期間ダイエットに青汁を使うという方法は向きません。ひと月で10キロ以上も体重を減らすことに青汁は効果を発揮しないのです。お通じを滞らせないようにすることで、体のバランスを良くしていくのが青汁ダイエットの方法となります。

さて、青汁とひとくくりにしてしまいましたが、もちろん青汁にも色々な種類があります。原材料も様々ですが、ダイエットに効果的だと考えられている青汁の原材料は明日葉や大麦若葉です。

明日葉や大麦若葉が配合されている青汁を選ぶのがいいでしょう。葉物は元々お通じに効果を発揮してくれますので明日葉が入っている青汁は効果を感じられますし、大麦若葉にも食物繊維がたくさんはいっていますので、ダイエットを成功させるのにおすすめだと言えます。

青汁を使ったダイエット方法は、食事のひとつに青汁を持ってくるような「置き換えダイエット」ではありません。食生活に青汁をプラスするダイエット方法になります。先にも述べましたが、青汁を継続して飲むことでダイエット効果を感じられますので、自分が飲みにくい青汁を購入してしまうと、長続きさせることは難しいです。

以前と比較して青汁も飲みやすくなって来ましたので、アレンジ無しで、説明書通りに青汁を接種する方法をおすすめします。元々明日葉や大麦若葉が入っている青汁は口あたりが良いと言われています。万が一飲むのが辛い場合は、リンゴジュースや豆乳、ヨーグルトやハチミツ、牛乳やレモン汁を加えて飲んでみてください。 ダイエットのために上手に青汁を活用していきましょう。

ページの先頭へ